Accessibility Page Navigation
Style sheets must be enabled to view this page as it was intended.









リージェンツ・カレッジが選ばれる理由

卒業後の就職率98%
リージェンツ・カレッジ・ロンドンは卒業生のプロフィールとポートフォリオを6,500もの企業に送付することで、各企業に卒業生をPRし、学生に就職先を斡旋しています。その結果、EBSL(European Business School London)の卒業生のなんと98%は卒業後6ヶ月以内に就職が決まっています。

職務経験とインターンシップ
リージェンツ・カレッジ・ロンドンは世界中に6,500もの企業とのネットワークを構築し、そのネットワークを通じ、全学生に職務経験とインターンシップの機会を提供しています。インターンシップの中には有給のものもあり、職務経験やインターン終了後に、内定を得る生徒も少なくはありません。

少人数制クラス
リージェンツ・カレッジ・ロンドンでは学士課程では1クラス25人、修士課程では1クラス30人の少人数制が採用され、どの授業も決してそれ以上の人数になることはありません。少人数制の長所はなんと言っても講師と学生の距離が近いことです。リージェンツ・カレッジ・ロンドンでは講師と学生が名前で呼び合い、試験やグループワーク、プレゼンテーションやシミュレーションを通じて、各自の得意分野を伸ばし、苦手分野を克服するよう、講師と学生が一丸となって取り組みます。また、授業で席をはずしている以外のときは、いつでも各講師の研究室を訪れることができるので、いつでも気軽に質問をしたり、会話を楽しむことができます。

ロンドン中心部の好立地に位置するキャンパス(リージェンツ・パーク内)

毎年、100万円相当の奨学金を給付

実業家でもある講師陣
リージェンツ・カレッジ・ロンドンの講師は教鞭を握る一方、実業界でも活躍しています。ほとんどの講師は起業家やコンサルタント、企業アドバイザーとしての顔を持ちます。それゆえ、最新の情報を講義に盛り込み、独自のネットワークを通じて、インターンシップや就職活動の支援を行っています。

半年ごと更新される授業
世界金融危機にあえぐ昨今、いち早く情報を入手することは非常に重要です。リージェンツ・カレッジ・ロンドンでは常に世界の金融市場を把握するために半年ごと授業内容を更新し、最新の世界経済について議論します。特にリージェンツは、各金融機関が抱える問題やそこで新たに採択された金融政策とその効果、リスク管理とさまざまな市場で利益を回収する新たな方法に注目しながら、授業内容の更新を検討しています。

国際色豊かなキャンパスライフ
リージェンツには様々な文化背景を帯びた学生が100以上の国々から集い、日々精力的に活動しています。さまざまな文化の人々と触れ合うことによって、異文化や各国の経済を学び、世界中でどのようにビジネスが行われているかを知るよい機会となります。また、ここで培った国際的な人脈は卒業後、グローバルに活躍する第一歩となるでしょう。